スタッフ教育

お客様に笑顔でご満足していただけるよう、マイスター教育でプロの職人を育成しています。

スタッフ教育

お掃除・ハウスクリーニングの業務は、知識と技術の習得はもちろんのこと、お客様に喜んで頂くという奉仕の精神を、社員一人一人が持つことが品質の向上につながります。そのため当社では、技術レベルの向上だけでなく、顧客満足とは何かを考える意識改革も加えたマイスター(職人)教育を、管理職・非管理職を問わず、行っています。

入社してからのマイスター(職人)教育の流れ

 
   入社直後の新人研修  
   
新入社員は入社直後の集合研修を受け、業務の概要、お客様への対応、必要な資質・能力などを学びます。
 
  熟練スタッフと同行実習  
   
経験豊富なスタッフと一緒にお客様宅に伺い、先輩スタッフのサポートを通して、技術・知識および職人としての心構えを教わります。
 
  マイスターに向けた実地試験  
   
同行実習の経験を経て、その力量が技術と知識だけでなく、お客様への挨拶や対応など総合的に判断して、当社のマイスター(職人)として適切であると見受けられた時点で、経験豊富なスタッフ立会いのもと、お客様宅での仕事ぶりや立ち居振る舞いを審査します。当社基準をクリアしたスタッフのみが、一人前のマイスターとして、単独での施工を実施する資格を得られます。
 
  スキルアップのための研修  
   
一人前になっても、マイスターとしての修行は続きます。お客様にいかに喜んでいただけるか、最高のお掃除をご提供するにはどのようにしたらいいか、常に高い目標を目指します。より質の高いサービスを提供できるよう、若手社員の技術レベルの向上を図る研修や、管理職に対する人材育成の研修を定期的に開催しています。
 
     
  
お掃除にはピカピカという到達点があったとしても、お客様の満足度にはゴールがないと思っています。今日は昨日より喜んでもらうため、明日は今日より満足してもらえるよう、社員一人一人がお客様と向かい合い、常に向上心を持ち続けることが、マイスター(職人)の姿勢だと当社は位置づけております。