業務用エアコンクリーニング

埋め込み型エアコン内部のカビやホコリをしっかり除去! 冷暖房効率アップで電気代も節約

業務用エアコンクリーニング

施工内容について

通常のお手入れでは対応できないエアコン内部のカビやホコリを、専門の機材や業務用洗剤で一掃します。

クリーニング後は空気が衛生的になるだけでなく、エアコンの熱効率がアップするので、消費電力が下がります。

コストダウンも図れて一石二鳥です。

 

施工か所

業務用のエアコン本体を分解した後、部品を含めて隅々までキレイに洗浄致します。

熱交換機をはじめとする、エアコン内部を高圧洗浄し、一気に汚れをかき出します。

●外装パネル ●フィルター ●ドレンパン ●送風ファン

所要時間目安 2 時間

Before / After

Before After

冷房運転時に、結露した水が溜まるのがドレンパン(写真 右)です。ドレンパンを分解して隅々までキレイにするには、高度な技術が必要です。よって、プロでも分解作業は難しく、分解作業を省く業者もあるくらいです。

料金について

業務用エアコンクリーニング

業務用エアコンクリーニング(埋め込みタイプ)

施工内容:外装パネル・フィルター・ドレンパン・送風ファンの分解、エアコン内部の高圧洗浄

施工時間:2 時間

34,000円(税別)


業務用エアコンクリーニング(埋め込みタイプ) + 業務用エアコンフィルターリース

業務用エアコンクリーニング(埋め込みタイプ)

+ 業務用エアコンフィルターリース

消臭・抗菌・防カビ効果、汚染物質の吸着捕集・集塵・防汚機能を備えた高機能フィルター「AT254吸着フィルター」の業務用タイプのレンタルです。当社担当スタッフが4週間に1回交換に伺います。

施工内容:エアコンクリーニング + AT254吸着フィルター取付

36,000円(税別)

  /フィルター1回の取付・交換あたり 2000円(税別)


業務用エアコンクリーニング(埋め込みタイプ)  + オールチタンコーティング

業務用エアコンクリーニング(埋め込みタイプ)

 + オールチタンコーティング

AT254吸着フィルターにも使わている液剤「オールチタン(AT254)」をクリーニング後のキレイになったエアコン内部と、分解した各部品にコーティングすることで、カビや菌からエアコンを長期間守り、消臭効果も持続します。

施工内容:エアコンクリーニング、および オールチタン(AT254)コーティング

39,000円(税別)


クリーニングによる効果・効能

エアコンのお掃除で健康被害からお客様やスタッフを守る!

クリーニングによる効果

1年以上掃除をしていないエアコンは、内部に汚れやホコリが蓄積され、この状況を放置しておくと、カビの温床となってしまいます。カビ菌が繁殖している状態でエアコンを作動させると、カビの胞子がエアコンの風に乗って、室内にまき散らされ、嫌な臭いも同時に吹き出されます。これらは、近年問題となっている健康被害の原因を引き起こすと言われるハウスダストとなります。そこで、エアコンを徹底的にお掃除をすることで、この健康被害を誘発するカビや汚れを除去し、店舗やオフィスの安心・快適な空間を実現でき、大切なお客様やスタッフの健康を守ります。


エアコンのお掃除で冷暖房効率アップとコストダウン!

クリーニングによる効能

1年以上掃除をしていないエアコンは、内部に汚れやホコリが蓄積され、この状況を放置しておくと、カビの温床となってしまいます。カビ菌が繁殖している状態でエアコンを作動させると、カビの胞子がエアコンの風に乗って、室内にまき散らされ、嫌な臭いも同時に吹き出されます。これらは、近年問題となっている健康被害の原因を引き起こすと言われるハウスダストとなります。そこで、エアコンを徹底的にお掃除をすることで、この健康被害を誘発するカビや汚れを除去し、店舗やオフィスの安心・快適な空間を実現でき、大切なお客様やスタッフの健康を守ります。


よくあるご質問とその答え Q&A

Q. 冷房していると白い霧がでる。エアコンの掃除で直るの?

A. 室内機内部の洗浄をすれば直ります。

室内機内部の熱交換機が汚れすぎると、温度ムラが生じて白い霧が出ます。

エアコンクリーニングで室内機内部の洗浄をすれば解消されます。

Q. エアコンから変なニオイがする。エアコンの掃除で直るの?

A. 室内機内部の洗浄をすれば直ります。

エアコンを運転していて変なニオイがするのは、室内機の熱交換機にニオイのもとがこびりついていることが原因です。エアコンクリーニングで室内機内部の洗浄をすれば解消されます。

Q. よく冷えない、よく暖まらないけど、エアコンの掃除で直るの?

A. 室内機内部の洗浄をすれば直ります。

エアコン内部のフィルターがゴミや油で汚れていると冷房効率が落ちてしまいます。エアコンクリーニングでは、エアコンフィルターだけでなく、熱交換機に付いているゴミやホコリも洗浄するので、効果が出ます。

Q. エアコンの内部はどのくらいの頻度で掃除するのがよいの?

A. 年1回程度が標準的です。

使用頻度、使用状況にもよりますが、年1回のペースで頼まれる方が多いです。

24時間受付 WEBお問い合わせ